HOME > 保険外治療

保険外治療

姿勢矯正

姿勢矯正 背骨矯正・骨盤矯正・股関節調整等

痛みの原因が骨格の歪みから起因すると思われる場合、背骨・骨盤を中心とした、異常な部分の間接の一つ一つに適切な矯正を行い、骨格、筋肉、関節のバランスを整えます。

人間が本来持っている自然治癒力を最大限に引き出し、より健康な身体と、病気になりにくい体にすることを治療の目的としています。
 

姿勢矯正のページへ

ゆらし療法

ゆらし療法 ゆらし療法とは、心地良くゆらしながら筋肉の緊張を解いて問題が起こっている部位を瞬間的に適正な状態に回復させる方法です。

従来の整体のような“揉む” “たたく” “押す” などの方法は一切使わず、痛みに対し、やさしく、効率良くアプローチすることによって、痛みに悩む方一人一人に合わせた完全オーダーメイドの施術法なのです。
 

操体法

操体法 操体法(そうたいほう)・操体(そうたい)とは、仙台の医師 橋本敬三先生が、日本古来から伝わる正體術(整体とは異なる)などの民間療法をベースに、自 らの臨床の中で実践・研究を重ねた結果、体系づけられた健康法です。
呼吸・飲食・運動・精神活動の自己管理のできる4つの原則と、環境のバランスを整理することにより健康維持ができると提唱されました。当時の西洋医学、東洋医学が全く気づいていなかった自然法則(気持ちのよさで治 る)を説いた、日本独自に生まれた妙療法です。
 
操体法の効果について
痛み、コリ、だるさの改善

腰痛、肩こり、首のこり、四十肩、五十肩、膝痛、頭痛などで色んな治療院に行ったけれど、なかなかよくならない。病院・接骨院へ行って異常は無い、原因 不明と言われたがやっぱり痛い、気になる。よくマッサージへ行くのだが、そのとき限りでまたすぐに凝ってくる。根本的に治療したい。

気になる身体の歪み改善

手足の長さが左右違う。肩の高さが違う。骨盤(腰骨)の高さが違う。顔が歪んでいる。首が傾いている。背骨が曲がっている。Tシャツの襟首が左右対称で ない。歩いているとよくこける、つまづく。これからスポーツを始めたいのだが、その前に体を整えておきたい。今のところどこも悪くはないのだが、一度全身 のバランスをチェックして欲しい。自分で自分の身体の歪みを治せるようになりたい。

胃腸のストレス改善

宴会続きで胃もたれがする。便秘で困っている。腹部が張って気持ち悪い。精神的にショックを受けて食欲が出ない。

女性特有のお悩み改善

産前産後のケアをしたり、足のむくみや冷え性・血行不良や生理痛の改善を行っております。

疲労回復、体質改善、心理的な癒し

極度の疲労、不眠、食欲がない、吐き気、恐怖症。精神的にリラックスしたい。自分へのご褒美として癒されたい。生命力をつけたい。元気になりたい。意欲的な人生を生きたい。根本的に健康的な体質に改善したい。

身体能力の向上

しっかり歩けるようになりたい。運動における身体能力を向上させたい。試合直前に身体の調整をしておきたい。柔軟性を向上させ たい。動きを改善したい。突き蹴りの威力をUPさせたい。自然体で立つということを体感したい。もっと声が出せるようになりたい。

ストレッチ療法

ストレッチ療法には、下記のような種類があります。当院では、カウンセリング後に患者様にぴったりの方法で治療を行います。
静的ストレッチ

筋肉をゆっくりと伸ばして(関節を動かしながら)、適度に筋肉が伸びたところで姿勢を一定時間保持します。
時間は20秒程度が適当とされています。
筋肉には”筋紡錘”と呼ばれるセンサーがあり、筋肉が瞬間的に引き伸ばされると筋紡錘から脊髄へ信号が送られます。
すると脊髄から筋肉を収縮させる信号が出され、結果として筋肉が反射的に(つまり意思とは関係なく)収縮します。
これを「伸張反射」ある いは「伸展反射」と呼びます。
伸張反射は筋肉がいきなり引き伸ばされた時に起こる防御反応です。静的ストレッチにおいては逆効果となります。

動的ストレッチ

関節を繰り返し動かし筋肉の伸張と収縮を繰り返します。バリスティックストレッチとの違って、反動をつけず可能な限りでスピードをコン トロールして行います。
ウォーミングアップに適しており、一般のスポーツジムで行われているエアロビクスにも取り入れられています。

バリスティックストレッチ

PNFを取り入れたストレッチ方法です。
※PNFとはリハビリテーション等でよく使われる治療用の電気機器のことです。
筋肉が伸張されると腱器官から「これ以上伸ばされたら危ない」、という赤信号がでます。これは急激に筋が伸ばされるほど強く働き、筋を収縮させます。この作用を伸張反射といいます。
ストレッチをする時にゆっくり伸ばすのは、この伸張反射が働きにくいようにするためですが、PNFストレッチでは伸ばそうとする筋を最大伸張時に収縮させることにより伸張反射を抑制し、リラックスした状態で 弛緩させることで可動域を拡大させます。収縮と弛緩をうまく組み合わせた方法といえます。

 
PNFストレッチ

PNFを取り入れたストレッチ方法です。
※PNFとはリハビリテーション等でよく使われる治療用の電気機器のことです。
筋肉が伸張されると腱器官から「これ以上伸ばされたら危ない」、という赤信号がでます。これは急激に筋が伸ばされるほど強く働き、筋を収縮させます。この作用を伸張反射といいます。
ストレッチをする時にゆっくり伸ばすのは、この伸張反射が働きにくいようにするためですが、PNFストレッチでは伸ばそうとする筋を最大伸張時に収縮させることにより伸張反射を抑制し、リラックスした状態で 弛緩させることで可動域を拡大させます。収縮と弛緩をうまく組み合わせた方法といえます。

運動療法について

当院では、有酸素運動をおすすめしています。
有酸素運動を行うことで、筋や肝臓のグリコーゲンが燃焼され、そのグリコーゲンの補給をするのに血中の糖が使われて血糖値が下がります。運動療法は糖尿病改善の実は近道でもあるのです。急がば回れですね。
 
リフレクソロジー
駐車場無料完備
アクセス情報

大きな地図で見る

【住所】
〒350-0275
埼玉県坂戸市伊豆の山町15-12

TEL:049-281-6213 受付時間 ※定休日:日祝
【平日】 9:00~12:30/16:00~20:00
【土曜】 9:00~14:00

お問合せはこちら

詳しいアクセスはこちら

新着情報

一覧を見る

2013/10/02
2012/12/01

訪問リハビリマッサージを始めました。
宜しくお願いいたします。
詳しくは、こちらをご覧ください。

2012/08/03

オーダーメイドインソールのページを修正しました。

2012/04/10

ゴールデンウィークはカレンダー通り、5月3日・4日・5日・6日はお休みいたします。
ご了承ください。ご予約はお早めに。